スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<仙谷担当相>閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)

 夏の衆参同日選の可能性に言及した仙谷由人国家戦略担当相の発言が、鳩山政権内に波紋を広げている。仙谷氏は20日の閣議後会見で改めて本意ではないと釈明したが、閣内からは「選挙を知らない人が言うことだ。可能性は1%もない」(赤松広隆農相)などと批判が相次いだ。米軍普天間飛行場の移設問題のもたつきもあって内閣支持率が急落する中、首相退陣を前提にした同日選発言は、首相の求心力低下に拍車をかけている。

 「(衆院)解散が国家戦略とは思わない」。直嶋正行経済産業相は20日の閣議後会見で、仙谷氏の担務を強調しながら苦言を呈した。仙谷氏に近い枝野幸男行政刷新担当相も、「(首相退陣の)仮定が成り立った以降のことを話したりしない方がいい」と指摘せざるを得なかった。

 民主党は野党時代、民意を問うことなく首相交代を続けた自公政権を厳しく追及。仙谷氏は16日に収録されたTBSの番組で、参院選前に首相が退陣した場合の対応を問われ、ダブル選挙に言及したが、発言は首相が交代した際は衆院選で民意を問うべきだ、との原則論を語ったもの。【西田進一郎】

【関連ニュース】
平野官房長官:仙谷氏を批判 衆参同日選発言
仙谷担当相:衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合
仙谷担当相:官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討
仙谷担当相:中期フレームに消費税上げ方針
近聞遠見:新キーマン 仙谷由人=岩見隆夫

<皇太子さま>平城宮跡に復元された大極殿を視察(毎日新聞)
<雑記帳>ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
「ほかの人には…」裁判員裁判で長男殺害の母(読売新聞)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
5月28日に進行協議=名張毒ぶどう酒差し戻し審-名古屋高裁(時事通信)

各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)

 鳩山由紀夫首相が明言している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の「5月末決着」が困難な情勢となったことに関し、16日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚から首相を擁護する発言や、進退問題への発展を否定する声が相次いだ。
 枝野幸男行政刷新担当相は、5月末に決着できなければ首相の政治責任は避けられないとの見方があることについて、「民主党内や政府内で聞いていない」と強調。「政権交代していろいろなことを大きく変えていこうというときは、物事が順調に進まないのは当たり前だ」と首相をかばった。
 中井洽国家公安委員長も「野党は常に『首相は辞めろ』というのが仕事だから、いちいち気にしていたのでは仕事はできない」と指摘した。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「首相の考えに従って、できるだけ努力したい」と述べ、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は「基本的なものはその時点で決まる。ベストが駄目な場合はベターの線で落ち着く」と楽観論を展開した。
 前原誠司国土交通相は「首相が5月までに決着を付けると言っているので、しっかりと支えて努力していきたい」とコメント。菅直人副総理兼財務相、千葉景子法相もそれぞれ「全力でサポートしたい」「しっかり支える」と語った。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)
海外に59のミラーサイト…男児ポルノ事件(読売新聞)
ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)
民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」-普天間移設(時事通信)
議会解散以外に方法なし=市民税減税の公約実現で-河村名古屋市長(時事通信)

大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)

 ライオンをガラス越しに観察できる迫力満点の展示スペース「レオガラス」を広島市安佐動物公園(同市安佐北区)が設置し、一般公開を始めた。

 ガラス1枚を隔てて見る「百獣の王」の迫力に、来園者らは大喜びで、興味深そうに観察していた。

 レオガラスは高さ3メートルで厚さ約2センチ。体重200キロのライオンが時速60メートルでぶつかっても大丈夫な強度という。

 今まではライオンと観覧者の間は、幅約9メートルの堀とさくで隔てられていたが、改修工事で堀に橋を架け、さくの代わりに強化ガラスを設置した。

【関連記事】
“生き餌”食べさせる殺戮ショー トラ虐待、中国で問題化
長崎の“竜馬”が薩摩へ 「泳げないカバ」の次男
動物園からペンギンなど盗む 長崎地裁で初公判
敵もサルもの…今度は逃がさぬ 東山動物園が新飼育舎
春は恋の季節? クジャクが羽根を広げてラブコール

<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
政治主導確立法案 野党の追及の的に(産経新聞)
日本人40人乗りバスが追突=死者、重傷者なし-オーストリア(時事通信)
防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続(産経新聞)
徳之島できょう「1万人集会」=普天間移設に反対-鹿児島(時事通信)

古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)

 父娘が寄り添って新聞を読む。穏やかな老父の顔を娘が優しく見守る。
 須田弘さん(95)は宮城県の旧南郷村(現美里町)生まれ。長年、塩釜市の造船会社で働いた。20年前、福島市で暮らす娘の弘子さん(65)と同居を始めるまで、人生のほとんどを宮城県内で過ごした。
 今も身の回りのことはほぼ自分でこなすが、90歳を超え、認知症で日時や場所の感覚が失われてきた。「自分がどこにいるのか分からないみたい」と、弘子さんは少し寂しげだ。
 「父に少しでも楽しく過ごしてもらいたい」と思っていた弘子さんは、かつて仕事から帰ると、新聞をじっくり読んでいた父の姿を思い出した。なじみのある新聞なら喜んでくれるかもしれないと、昨年秋、弘さんがずっと読んでいた河北新報の購読を始めた。
 「効果は想像以上。宮城の記事が懐かしいのでしょう。1面から丁寧に読み、覚えている地名を『せんだい、いしのまき…』って音読するんです」と弘子さん。認知症の進行も緩和されたようだ、と喜ぶ。
 新聞は本当に認知症の緩和や改善に効果があるのだろうか。福島県立医大の小林直人助教(老年精神医学)は「十分あり得る。回想法に近い」と語る。
 回想法は認知症の治療法の一つ。思い出を振り返ることで脳を刺激する。林助教は「なじみの新聞が脳を活性化した可能性は大きい。初期、中期の認知症には有効だろう」と指摘する。
 さまざまな事情で住み慣れた街を離れる高齢者は多い。弘子さんは介護施設などを運営するNPO法人の理事長だ。「古里の新聞が高齢者にこんなに喜ばれ、認知症対策になるなんて、発見でした」。今後は機会あるごとに「地元紙」の良さを説こうと思っている。


<土門拳賞>鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)
日本人死刑執行、疑問・懸念で対中感情悪化も(読売新聞)
<宇宙飛行士候補>訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)
<JR不採用>和解金1人2200万円 政府が4党に提示(毎日新聞)
<強制わいせつ>消防士を逮捕 バス車内で女性の足触り(毎日新聞)

横路議長、車いすで登院 長期欠席避けたかった?(産経新聞)

 左足骨折のため3月下旬から都内の病院に入院していた横路孝弘衆院議長は6日、一時退院し同日の本会議で約30分間、車いすで議長を務めた。憲政史上、2週間以上連続で休みをとった議長はいないことから、加療中にもかかわらず本会議に臨んだようだ。

 横路氏はこの日、車いすで登院。本会議場の議長用出入り口と議長席の間には段差があるため、特別に用意されたレールを使って、車いすに座ったまま議長席を上り下りした。

【関連記事】
左足骨折の横路議長、退院は4月上旬
横路衆院議長が入院 自宅で左足骨折
生方幸夫民主副幹事長「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」
北教組の不正資金提供 「本当に小林陣営だけなのか」との指摘も
自民審議復帰 疑惑隠し政党に問題あり
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<東京地裁>仮処分申請を却下…会見出席拒否は裁量内 (毎日新聞)
車内のライター、回収し忘れか=父「あったかも」-4児死亡火災・北海道(時事通信)
新党あす最終合意 離党届提出 与謝野・平沼氏が代表(産経新聞)
[新製品]3PAR、ストレージ管理ソフト「3PAR Adaptive Optimization」発表 ~ InServ搭載ディスクにSSD追加も
「産みたいけれど、教育費不安…」幼稚園でもこんなにかかる(産経新聞)
プロフィール

もちまるおさむ

Author:もちまるおさむ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。